オリックス銀行カードローンの強み

オリックス銀行カードローンは、大元が銀行の銀行系ローン会社になります。
他にも、クレジットカード会社による信販系ローン会社や、貸金を専業としている専業系ローン会社などがありますが、その中でも銀行系ローンの強みは「低金利でのローン提供」と「総量規制対象外」であるということです。

 

「低金利でのローン提供」

業界でも最低水準である金利で、ローンを提供しているオリックス銀行カードローンですが、これはやはり大元が銀行であるという資本がしっかりしているからこその強みです。

 

「総量規制対象外」

平成22年6月18日に施行された貸金業法の中に「総量規制」といった法律が含まれています。
この総量規制とは、個人の借入金額の上限を定めたもので、「個人の借入は、年収の3分の1を超えてはいけない」とされています。
この法律によって、たとえいくら貯金があったとしても、必ず払い終えることができるという信用や実績があったとしても、年収の3分の1を超えた融資をしてもらうことは不可能になってしまいました。

 

しかし、この総量規制が適用されるのは、あくまで「貸金業者」に対してです。
銀行系ローン会社であるオリックス銀行カードローンは、貸金業者の区分ではありません。ですので、総量規制に関係なく、個人の状況に見合った融資を行うことができるのです。

 

また、総量規制対象外であるゆえのメリットとして、貸金業者との契約の場合には、「融資希望額が50万円以上、もしくは他社の利用残高と融資希望額を合わせて100万円を超える方は所得証明書の提出が必須」となっていますが、オリックス銀行カードローンは違います。
オリックス銀行カードローンでは、「限度額300万円以下の契約であれば、所得証明書の提出が不要」になっています。
参照元:【最短で即日借り入れ】無担保借入カードローンランキング

もしも延滞してしまったら?

「返済期日は守るように」

キャッシングを利用するなら、最低限守らなくてはいけないことが「返済期日を守ること」です。
しかし、場合によっては、どうしても返済期日に返済金が用意できないということもあり得るかもしれません。
そんなときにはどうすべきなのか、また、延滞をしてしまうとどのようなデメリットがあるのでしょうか。

 

「返済期日を過ぎてしまいそうなときは、まず連絡を」

どうも払えそうにないというときには、なるべく早めにカードデスク(0120−890−699)まで連絡を入れ、相談をするようにしましょう。
相談をすることで、場合によっては何らかの対応を取ってもらえることもあります。

 

「延滞のデメリット」

延滞によるデメリットは、まず、延滞は契約違反です。
ですから、違反金として、「遅延損害金」というものを支払わなくてはいけません。
この遅延損害金は、「借入残高に対し借入利率+年利率2.1%」と決まっており、たとえば、「借入残高が5万円で、借入利率17.8%の契約で、30日の延滞をした場合」であれば、遅延損害金は、「817円」になります。
オリックス銀行カードローンの遅延利率は、他社と比較しても、割合低めの設定なこともあり、このように借入残高や延滞日数によっては、さほど大きな金額ではなく感じられるかもしれません。
ですが、元々支払う必要のなかった金額ですので、なるべく返済期日は守りたいところです。

 

次のデメリットは、返済延滞を3ヶ月以上に渡って続けていると、「個人信用情報機関」に「事故情報」として登録されてしまうことです。
個人信用情報機関とは、個人の信用を客観的に表した情報を収集・提供・管理している機関で、消費者金融会社はもちろんのこと、金融機関や保証会社といった多くの業種が加盟しています。
そして、加盟している会社は、契約の申込みがあった際には、この機関から申込者の情報を提供してもらい、審査にその情報を役立てています。
ですから、なんらかの事故情報が登録されてしまうと、加盟会社との契約にとても不利になってしまうことになります。
事故情報の登録は一生ということはなく、最長でも発生日から5年を超えない期間の登録となってはいます。
ですが、やっぱり登録されないに越したことはありません。

 

最後のデメリットになりますが、何と言っても、オリックス銀行そのものからの信用を失ってしまうということが大きいでしょう。
オリックス銀行カードローンは、無担保・無保証人で利用することができます。そのような中で、利用者と会社の間にある保障というものは、信用しかないのです。
信用を失ってしまえば、契約後でも融資を断られてしまうことがあります。ほかにも、増額申請を受け付けてもらえないなどのデメリットもあります。
遅延損害金といったデメリットは、支払いを済ませてしまえば、そこで終わります。しかし、信用ばかりは、たとえ滞納分の支払いを済ませても、すぐに回復することはありません。

 

返済期日を守るために必要なことは、何といっても「無理な借入はしないこと」です。誘惑に負け、借りすぎてしまうことのないように、延滞のデメリットについてよく考え、自身の収入や出費と相談しながら、計画的な利用を心がけるようにしましょう。

 

(2015、4、22 付け情報)